スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生ジャンケン 生抱擁に 生ビューティ

映画スマプリ! 初日舞台挨拶行ってきましたぁぁぁ!

プリキュア映画のバルト9での舞台挨拶観覧は、初めて。
今回は、時間の都合がついて良かった……。
ホントに良かった!
楽しかったなぁ!

こちらを始め、各所の記事でもまず取り上げられますのは
「ピースの生ジャンケン」
「NISSANコンビの生抱擁」

でありましょうが。

私としましては、後半の6人のフリートークにて語られました
西村ちなみさんの話題
「実生活が生ビューティ」
これです。
演じてると、普段のしゃべりがキャラになってしまうという
話題から

控え室にあった玩具ロイヤルクロックをいじってたら音が
止まなくなったことに、自然にビューティーさんの口調で
「まぁ、どうしたら良いのでしょう?」と


…えぇ、そりゃあもう、私なんかのクソ文書で伝わるわけが
ございませんよ。
でも私、今日一番大爆笑でしたよ。
ご本人から聞けて、なおさらでしたよ。

40分ほどでありましたが、ホント楽しかったなぁ…。
あぁ…また、ちなみさんのおしゃべりが聞ける日は来るのか。


p3.jpg
お買い物です。
キュアピースの限定ジャンケン用クリアファイルです。
ウソです。
おそらく、歴代最高にして初のネタアイテムではあるまいかw
それを買わずにいられようか!!
こうして飾ると、壮観ですなぁ。



以下、追記にて映画の感想を書きましたが。
実は、少し……下向きの内容になっております。
不快な思いをされる恐れがあります。
ネタバレは避けたつもりですが、鑑賞前の方はお気をつけを。
以上踏まえました上で、無問題の方はどうぞ。



今回は、子供向け作品でしたね。
昨年、一昨年と、大人に向けた部分が強かったので…まぁ、
それ以前から強かったですが。
とにかく、子供をポカーンとさせる要素がありましたので。
良い転換かと。

でも…申し訳ありません。
その分、物足りなさを感じてしまいました。
大人に向けろ、とは決して言いません。
むしろ、子供のためのものであってほしい。
でも、なにかしら劇場ならではの特別さも欲しかった。
それがなにも感じられなくて。
異世界でのドタバタ劇という点では、テレビの29話でゲームの
世界に放り込まれた話を秀逸に思ってまして。
あれ以上のものを期待してたりもしたのですが……。
内容的には29話と同様=テレビで観ても十分なスケールだと
私には映りました。

今作の重要なテーマ、メッセージも込められてはいましたが。
私の脳内では、お話しとうまくシンクロさせられませんでした。
ニコちゃんの経緯がもっと描かれてたら、感情移入できたかも。
そのそもそもが、ラスボスのぽっと出感によりましたかね。
彼……いらなかったかなぁ。


でもホント正直、悔しいんですよ。
なにが悔しいって、子供向けと認識していながら、それを楽しめ
ないオトナになっちまった自分が悔しいのです。
子供の隣で寝てしまってる親御さんと同じになってしまってる
自分が腹立たしいのです。
あーもう、あーもう。
「期待しすぎた」ということなんでしょうか?
でも、私ごときの期待に応えられないくらいで、バッサリ断ずる
のも…それに、テレビだったら楽しめたと思うんです、ホント。
そう!

「テレビだったら楽しめた」

あえて要約するなら、こういうことになるでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スマプリの映画

 こんにちは、今日は休日ということもあり、観て来ました(安い日なので。)。
え~と・・、要するに居眠りした上に、子供がうるさかったということでしょうか?、
 僕は、同人やコミケは行ったことありますけど、試写会には行くというか、当たったことはないですが、「プリキュア」ともなると、親子が多いので大迷惑でしょうね・・、親は浮き足立って子守はそっちのけで、子供が騒いでも放置、かと言って、注意すると逆恨みされるでしょうから・・・。
 それはともかく、僕は前日、早めに寝て観ながら、コーヒーとチリドックを食べたので眠くなりませんでした。
なので、試してみてはどうですか?、
寝ることは大きなお世話かもですので、上の2つ(辛い物は何でもいいかと。)をお勧めします。

         ・感想
 本題ですがまさか、ニコの声が林原さんだとは思いませんでした、個人的には花澤さんか、伊藤 かな恵さんかなと思ってたので、途中慣れるまで大変でした。
 今回は、みゆきが絵本好きになった理由がわかっただけでなく、幼女版みゆきが観られて、ウルトラハッピーでしたし、やよいの悟空コスやみゆきのシンデレラコスやれいかの桃太郎コスがかわいくて綺麗でした(笑)。
 それに、5人揃ってのパワーアップではなく、みゆきだけだったのとEDが変わらなかったのがちょっと予想外でしたね。
 そして、ニコが闇堕ちした原因が心の拠り所にしていた約束を、みゆきが忘れていたという切ない物で、子供の時にした約束とはいえ、大切な約束を信じ、寂しく辛い気持ちを長い時間耐え凌いで来たのに裏切られれば、憎くもなるものです。                                                                  ですので理由も共感が持てますし、言葉の重みもあり、共感が持てます。                                     それでも、それに対するみゆきの対応が納得がいくものだったので感動して思わず泣きそうになり、みゆきの気持ちがニコに届き、和解し共闘した時はもう、感動しっ放しでした・・・。
 

スマプリの映画2

 こんばんは、昼間出かけたので途中で切ったので続きを書きます。
 
   ・感想

    ・試写会限定グッズ?
 ピースのファイルでしたら、映画館に普通に売ってましたよ、開くとパターン違いの絵があるやつですよね?、
ただ、入荷数が少なめなのか、キャラ自体の人気なのかは不明ですが、2週目には売り切れてました、
僕はそれを予測して、「バイオ ダムネ」3Dを観た先週の内に買ってたので事無きを得ました。
さすがに想像以上、というか想定はしても目の当たりにしてしまうと驚きです、これは今頃、オクやネット・リアル通販が大変なことになってそうですね・、おそろるべしです・(笑)。

  ・子供向け
 僕は、「ハトプリ」から3連続で観てますが、ライトで応援する事とキャラから観客への呼びかけ、周りの客層以外は子供向けと実感する要素は特になかったです。
 今回は、「GジェネOW」のオーバーインパクト+「スパロボ」の世界観統合を想起させる展開とニコの生い立ちと憎む理由が子供には理解出来るものではなかったと思います。
 いがみ合うという以前に、怒りや憎しみの意味・それがあっても乗り越えて和解に至る素晴らしさを実感出来るわけもなく、それが、「スイプリ」で実証されてたらしいですし、これは公式で、「年齢問わずに楽しめる物を創る。」という意識の現われだと思います。
 ですので、「ガ○ダムSE○ED~○O」までを通しで観た僕のような人達はともかく、似たメッセージ性の高い作品に触れられなかった人達は恐らく、受け付けないでしょうね・・・。

    ・テーマ
 僕は、あれで十二分に同調させられましたよ、 パンフは買った物の未読ですが恐らく、「約束の大切さと憎しみを乗り越える絆。」だと思います。

     ・ニコと魔王(ラスボス)
 そうですか?、違和感は感じず、むしろ、予想通りでしっくり来ました、
初めラスボスは、「負の感情に支配され、更なる闇堕ちをしたニコか、ニコの影に潜み、操る第二の敵。」と予想してて、出来れば、みゆきと戦うことはもちろん、ラスボスになって欲しくなかったので戦かった経緯はあるものの、ラスボス化は防げたのでとりあえず、安心しました。

神楽坂 シン 様

ご意見ご感想、ありがとうございます!

なんやかやと書きつつ、内心では…
「こんな感想言ってるの、自分だけだろうな」
「いや、自分だけであってほしい」
とも思ってました。
ですので、神楽坂さんはじめ、ネット各所でも好評価の
感想を述べられてる方々の多いことに、喜んでおります。

大人よりの作りになってたハトプリとスイプリの映画が
かなり琴線に触れましたので。勝手に求めすぎてた部分は
ありましたね。
今作を素直に受け止められなかった自分が、残念に思えて
なりません。

あと、私の行ったのは公開初日舞台挨拶回でありまして、
試写会ではありません。
ですので、仰るとおりピースのクリアファイルも通常の
劇場販売グッズであります。
余談ですが、神楽坂さんが鑑賞されたサービスデーに、
私は別のものを観に劇場へ赴いたのですが、その時には
グッズ売り場にはありませんでした。買っといて良かった…。
そして、寝てません。
やっぱ、なんやかや言ってても寝られないんですよねー、
プリキュアはっ。
プロフィール

kogane

Author:kogane
HPはこちら
http://www5f.biglobe.ne.jp/~staygold/

カテゴリ
最新記事
    follow me on Twitter
    リンク
    月別アーカイブ
     
       
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。